使用者側の労働審判対応は、労務トラブルを狩野・岡・向井法律事務所が解決!

狩野・岡・向井法律事務所

このサイトは、使用者側の労務問題を主に取り扱う弁護士事務所、狩野・岡・向井法律事務所が運営しています。

  • HOME
  • 労働審判とは

労働審判とは

労働審判は裁判官1名、労使出身者各1名、合計3名から成る労働審判委員会が行います。判決は裁判所が出すものですが、労働審判は、裁判所ではなく、労働審判委員会が行います。刑事の分野では、裁判官以外の方が審理に参加する裁判員制度が話題になっていますが、労働審判も裁判官以外の方が審理に参加します。これまでにない画期的な制度でした。

労働審判委員は3名がそれぞれ評決権を持ちます。労働審判の内容は多数決で決められます。労使出身者2名が裁判官の意見に優先することもあり得ます。ただし、実際は、私は評決の場を見ていませんが、裁判官が議論をリードしているような印象を受ける場合もあります。

 

労働審判の対象・審理期間

労働審判の効力と異議申立

労働審判と仮処分

労働審判制度が生まれた背景

お問い合わせはこちら 顧問先の労務問題を抱えている社会保険労務士、税理士などの先生方もお気軽にお問い合わせください。現在も先生方と協業して案件にあたっております。

MAIN MENU

バナー.PNG
弁護士向井蘭のブログ
copyright © 2010 KANO, OKA & MUKAI LAW FIRM All Rights Reserved.