使用者側の労働審判対応は、労務トラブルを狩野・岡・向井法律事務所が解決!

狩野・岡・向井法律事務所

このサイトは、使用者側の労務問題を主に取り扱う弁護士事務所、狩野・岡・向井法律事務所が運営しています。

  • HOME
  • 社労士様向け研修DVD
好評につき、社労士の先生のための実務研修をDVD化しました!

社会保険労務士のための労働組合対策の実務
平成18年3月1日施行の社労士法の改正により、労働関係紛争への対応に業務領域を拡大していきたいとお考えの先生も多いかと思います。しかし、顧問先企業様に労働組合が結成された場合、労働者が外部の労働組合に駆け込んだ場合、団体交渉を求められた場合等、その対応にとまどう部分も多々あろうかと存じます。本研修では、実際に社労士の先生と共に事件に携わった事例を踏まえて、労働組合の種類毎の対応から団体交渉の実務まで、社労士が関与する方法とその留意点を、お伝えしています。
(講師:向井蘭弁護士)
※理論は最小限にし、具体的に社労士の先生が何をすべきかを解説しています。
価格は1万5750円です(税込み、送料込み)。
研修(DVD)内容

労働組合対策の実務
 (1)不当労働行為とは
 (2)結成通知が送られてきた場合の対応     
 (3)団体交渉の日時・場所・出席者
 (4)組合種類別の対応方法
 (5)団体交渉の進め方・便宜供与について
 (6)交渉のまとめ方・労働協約(合意書)のポイント
 (7)解決事例
社会保険労務士が行うべき対策
 (1)社労士にできること、できないこと
 (2)社労士の関与方法
 (3)弁護士との連携

お申込み用紙のダウンロードはこちらをクリックしてください。
お問い合わせはこちら 顧問先の労務問題を抱えている社会保険労務士、税理士などの先生方もお気軽にお問い合わせください。現在も先生方と協業して案件にあたっております。

MAIN MENU

バナー.PNG
弁護士向井蘭のブログ
copyright © 2010 KANO, OKA & MUKAI LAW FIRM All Rights Reserved.